八女市9月に開催されます「あかりとちゃっぽんぽん」のまつりをご紹介します。公式サイトです。ぜひ9月八女福島へ、まつりに遊びにお越しいただければ幸いです。

そもそも八女とは?

まつり見どころ

お茶の産地、八女。八女福島と呼ばれる風情ある白壁の街並みも魅力的

福岡市から南へ約50キロメートルのところに位置する八女市。日本書紀にある「この地方に女神あり、その名を八女津媛といい、常に山中にある」という一節が、八女という地名の由来になったそうです。平成18年に上陽町、平成22年に黒木町、立花町、星野村、矢部村が合併し、福岡県内2位の広さを誇ります。

八女といったら、真っ先に思い描くのが、全国有数の高級茶・八女茶です。特に、日本茶の最高峰である玉露の質の高さには定評があります。八女の肥沃な大地と豊富な伏流水、そして豊富な雨量、昼夜の温度差、そして、なにより茶を大切に育てる人々がいてこそ、上質な八女茶を生み出してくれるに違いありません。車を走らせていると、ところどころに茶畑の風景が広がるのですが、はるか一面に広がる圧巻の茶畑があります。八女中央大茶園は、県営パイロット事業として作られた茶畑で、広さは約70ha。頂上の展望台から茶畑を見渡すことができます。一番茶摘みは、4月下旬から5月中旬に行われ、二番茶摘みは6月中旬から7月上旬。新茶の時期には、町中にお茶の香りが漂う季節の八女も魅力的です。

八女茶発祥の地といわれているのが、八女市黒木町にある「霊巌寺」です。応永30年(1423年)に、周瑞禅師が建立しました。禅師が明国から持ち帰った茶の実を植栽し、栽培と製茶の仕方を伝授したのが、八女茶のはじまりだといわれています。

また、水がいいことから、八女は、喜多屋、繁桝で知られる高橋商店といった、福岡の中でも有数の酒蔵がある町としても知られています。喜多屋と繁桝で知られる高橋商店は、歩いて行き来できるぐらいの距離感で、八女福島と呼ばれる風情ある白壁の街並みの中にあります。八女福島一帯は、もともと城下町で、久留米藩の在郷町として栄えていました。今もその面影が残っているのですが、町を歩いていると、江戸時代から続く仏壇、提灯、お茶屋などがあり、昔ながらのその佇まいや町並みは、八女の人々によって大切に守られています。